DiVAR

DiVAR

Is there OS in us(you) ?

1-0 G-OS 42

G-OS 42


――都市宙域 第二図書館 depth 5.0

「もう知識に価値はないってのに、君らは物好きだね」

案内してくれた清掃用Animaloidが、その尾で石ころについた砂埃をはらう。
大量の石ころの中から目当てのものを見つけたらしい。
石に彫り込まれていた文字が見える。

――フィクション・ノンフィクション統合紀元前

「ここにあるのは、僕ら無機生命体の先祖の歴史。自然言語への射影は、神話の次元を落として削り出す野蛮な行為だ。誰もやらない。生データのままインストールすればいいってのに」
「あいにく、俺は言語に落とし込まないと理解できないんだよ。こいつにインストールして、要約してもらう」
「そんなに不便なことがあるのかい。聞いたことのない病気だね。どうりで君らはお喋りなわけだ」
「ご心配どうも」
半ば奪い取るようにして引き受けた石ころを眺める。

案内役が補足する。
「そいつに記録されているのはあくまで一つの歴史、一つのストーリーだ。僕らの両親の仲はここまで良くなかったかもしれないし、実のところは、僕らは外宇宙から連れて来られた養子なのかもしれない」
「両親?」
「『有機生命体』と『情報生命体』のこと。前者は後者の子孫だから滅茶苦茶な家系図になるんだけど……」
「そんな大昔に有機生命体が存在したのか? 祖父母はどんなトンデモ技術を持ってたんだ」
「自然に生まれたらしいよ」
「バカな」
「……この歴史が局所現実の粋を出ない一番の理由がそれ」

「インストールには数ヶ月かかると思うよ」と案内役。
「読み聞かせを合わせたら数年かも」要約を務める大きなAnimaloidがつぶやく。
「……終わったら呼んで」
うんざりした顔つきで長期スリープの準備を始める案内役。

少なくとも想定していた『図書』には見えないその石ころを要約機に渡す。
暇つぶしに、この文明の神話とやらを聞いてみよう。


Before (Non)Fictional Integration Era


Illustration:ORIHARA
AR(拡張現実)技術の発達した2140年代の京都。
眼の見えないサロは妹ジーナの助けを借りて生活していたが、五感補助システム『DiVARディヴァ』により生まれて初めての『視覚』を得る。

暗闇の中ひとり憧れていた外界。
サロがその眼で見たもの、兄妹が見ていたものとは。

誰も覚えていない『2045年』に、何があったのか。

Direct-View AR シリーズ 前日譚
TAME
Illustration:薬屋(Image edited by 伊根)

1st Album 『Direct-View AR』同梱 挿絵入り小説

2130年、『ARは十歳から』と定められたモノクロの街、東京。
十歳を迎えるアレイ・セット・リストの3人には、ARのあるカラフルな新生活が待っていた。ある日、アレイは自分にしか見えない『ミーム(人工知能ARオブジェクト)』と出会う。

見ている景色の差に戸惑う3人。
”ホントか嘘か”を確かめる一番の方法は、ARを使わないことだったが……

Direct-View AR シリーズ  作中作
Who is HiPAR?
Image edited by 伊根
AR技術の発達した2140年代の京都。
『妖怪・幽霊』こと人工知能ARの『MEMEミーム』には、人や情報に危害を加える不良品が混じっていた。『嘘を見抜ける』新入職員ルナは、憧れの『除霊師』として街のデバッグを担う。

現実・AR・幻覚の三者に戸惑いつつ、新大陸を目指す人類。
ルナは仕事の傍らで、ヒトとMEMEの共存のため、街の真相を探る。

Direct-View AR シリーズ 本編 (前日譚『TAME』続編)
DiVAR
error: [HuanShi - Area-Depth Suppression Protocol] Content is protected